【9/22 横浜駅西口帷子川】桟橋社会実験クルーズ

【9/22 横浜駅西口帷子川】桟橋社会実験クルーズ

横浜駅周辺大規模再開発計画「エキサイトよこはま22」の社会実験として帷子川を防災利用又は有効利用するきっかけとして簡易桟橋が期間限定で設定されています。都市と水辺の関係性を探るこの機会を有効に活用するべくSUPとE-BOATを利用した水上アクティビティーの公開実験を開催します。

主催メンバーであるBOAT PEOPLE Associationでは関内外OPEN2及び3にて、すでに3回のイベントクルーズを実施。身近に潜む観光資源のポテンシャルを紹介しました。TV神奈川にてイベントクルーズに同行いただき、その面白さはニュース特集にて放映されました。
この知られざる帷子川と周辺地域の現状を水上からリサーチし、この地域の地形的理解と干拓によって造成された歴史的変遷をたどり、物流、防災、観光、水面利用という観点から再開発における水上交通や運河の景観的価値、地域ブランディングについて考察するワークショップを開催いたします。

このイベントはOPEN YOKOHAMA 2012 参加イベントです。
OPEN YOKOHAMA 2012 イベント詳細

参加ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
【9/22 横浜西口帷子川】桟橋社会実験 SUP・E-BOAT 参加申し込みフォーム

日時
2012年9月22日(土) 
【午前の部】10:30日産本社前防災桟橋集合(SUP組立)
       11:00出艇~12:30横浜駅西口桟橋着艇(帷子川一周)
        E-BOAT(16名) SUP(経験者のみ6名)募集
        ※午前の部のE-BOATは満員につき募集を終了しました。
【午後の部】14:00横浜駅西口桟橋出艇~14:45同桟橋着艇(日産本社前往復)
      SUPはフリー走行とします
      →状況によっては帷子川一周クルーズに変更します
      E-BOAT(16~32名) SUP(6~12名)募集
      落水覚悟なら初心者でもOKです。シャワー施設は近所に用意します
      ※午後の部のSUPは満員につき募集を終了しました。

参加費
SUP:1000円(ライフジャケット、保険付き)
E-BOAT:帷子川一周 2000円、日産本社前往復 1000円(ライフジャケット、保険付き)

場所
横浜駅西口 ビブレ前防災桟橋及び横浜駅東口 日産本社前防災桟橋
住所:神奈川県横浜市中区

より大きな地図で 帷子川社会実験クルーズ120922 を表示

服装・持ち物など
SUP:落水しても良い服、着替え、タオル、(あれば)マリンシューズ、帽子等日除け
E-BOAT:動きやすい普段着でOK、飲み物、帽子などの日除け対策または雨具は各自ご用意ください

※注意事項
・SUP体験は経験者がサポートしますが、落水の可能性もございます。その点、各自自己責任においての参加をお願いします。(保険・ライフジャケットは用意いたします)ちなみに落水しても特に怪我等には至っておりません。
・中学生以下のお子様は保護者の方の監督のもと参加してください。
・横浜駅西口の実験用桟橋はタラップを使用する必要があるため申し込みの際に事前に了承いただいております。
・更衣室、荷物保管場所については現時点検討中です。

運営組織
主催:コレヨコ水辺班+Canal SUP Association
協力:横浜市都市整備局、大岡川川の駅運営委員会
助成:アーツコミッション・ヨコハマ「都市文化創造支援助成」
※コレヨコ水辺班とは2011年1月にBankART 1929 にて開催された
 「これからどうなる横浜」という街づくり勉強会にて水辺をテーマにしたチーム名称
  構成メンバーは一般社団法人 BOAT PEOPLE Association、横浜市職員、一般市民など。

【9/22 横浜西口帷子川】桟橋社会実験 SUP・E-BOAT 参加申し込みフォーム